結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】""

結婚式と披露宴の違いって何?

結婚式と披露宴はセットで行われることが殆どだとは思いますが、その時々によって結婚式だけ・披露宴だけ、などど言ったように行う方もいらっしゃいます。
それでは、結婚式と披露宴との違いはどんな所でしょうか。

まずは結婚式です。
結婚自体は、婚姻届の届出をしてしまえば法律的に成立します。
では何故結婚式を行うのでしょう。
昔は、結婚式は宗教とのつながりや、家同士の関わりがあったために行われていました。
その名残が今日まで繋がっているのですが、今と昔とでは形式も様々になっています。
現在では親兄弟・親戚だけではなく友達などを招く場合もありますが、やはり結婚式は両家を中心とした場で、これから末永くお付き合いをしていく上での大切な場面となっています。

次に披露宴です。
こちらは、厳粛な結婚式とは違い、華やかさが加わる場になります。
主として、結婚式に出席した親・兄弟・親戚や友達に加わり、さらに披露宴のみに出席する友達や会社の上司や仲間、近所の方々など、祝福をしていただきたい方々にも出席していただきます。

正式に結婚した新郎新婦をお披露目し、更に皆さんに祝福をしていただき、これからの新郎新婦の新たな門出を皆に報告し、楽しむ場になります。

このように、結婚式・披露宴は同じようでも違いがあります。特に違うことは、その厳粛さと華やかさではないでしょうか。
神様の前・もしくは参列して下さった方々の前で、結婚の誓いをたて、夫婦になる結婚式。
そして、その生まれたばかりの夫婦を披露宴と言う場でお披露目をし、皆に祝福をしていただきながら新たな人生をスタートさせるのです。

簡略化される場合もありますが、これらの事を意識していくことで、より夫婦になることの重さが実感出来るのではないかと思います。

☆結婚前に綺麗になってやる!エステ選び迷いますよね。
口コミや評判を参考にしたり、もちろん自分にあった納得のいくサロン選びが大事です。そんな時に参考になります【ブライダルエステ 口コミ】☆

結婚式と披露宴の相場について

いざ結婚が決まったときに気になることといえば結婚式や披露宴にかかる費用ではないでしょうか?主にかかる費用としては披露宴で、その内容によって上手く節約しながら低予算でも出来るし、余裕があるなら盛大に予算を組めたり、とやり方によって融通が利くのも披露宴だと思います。

結婚式・披露宴合わせてかかる相場は、大体300〜400万円前後ではないでしょうか。いざ結婚が決まってから、実際に式を上げる日までは最低でも数ヶ月要することが普通なので、日ごろから2人で貯蓄をしましょう。

そんな額を支払えないと思っても、ご祝儀なども入ってくるので実際に支払う金額はこの限りではありませんので、慌てる事はありません。しかし、ある程度ご自分の思うような形にこだわるのであればまとまった金額があれば安心ですね。

忘れてならないことは、いくら夫婦になるといっても、お金に関することはしっかりと事前に話し合っておくべきです。後々トラブルの原因となってはせっかくの式も台無しですからね。

ここは、お2人だけではなく、是非ご両家のご両親とも相談しましょう。どちらか一方だけに負担がかからないように、見積もりをしっかりと出しておくことが必要です。

挙式・披露宴にどちらかが多く負担したなら、新居にかかる家具や電化製品など、新しく購入するものはもう一方が負担したり、式までに日数的に余裕があるなら、2人で一つの口座を作り、毎月貯蓄していくことで、結婚するんだと言う意識を高めることも出来ますね。

もし、幸運なことにご両家から援助が望めるなら、いざと言う時のためや、スムーズに新婚生活を送れるように別口座を作って貯蓄しておくと安心できますよ。

結婚前はお互いに浮かれてしまうこともあるかと思いますが、だからこそお金に関することはしっかりと話し合っておきましょう。


結婚式や披露宴でのマナーについて

結婚式・披露宴に向けての準備段階から当日まで忙しい新郎新婦ですが、こういう場で気をつけなければならないことに、マナーがあります。

沢山の周りの方とのかかわりや新たな出会いなど、これまでとは違う場面を多く体験することになりますが、是非良いマナーで過ごしたいものですね。

では、新郎新婦が求められるマナーとはどのようなものがあるのでしょうか。式まではいわゆる裏方さんや、お2人の新たな門出をよりよいものにするためのお手伝いをしてくださる方々へのお礼は絶対に忘れてはいけません。

時に意見が食い違ってしまうこともあるかもしれませんが、それは少しでも良い式や披露宴にしたいという気持ちの現れです。その都度よく話し合い、気持ちよく式を迎えられるように感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

式当日は、列席者の方々への笑顔を忘れずに。お二人への祝福の言葉をありがたく受け取り、
お礼を述べましょう。

披露宴の間のスピーチでは、基本的に新郎新婦は立ったままスピーチを聞きます。にこやかに礼をすることも忘れずに。

食事に関してですが、新郎はお酒をお酌されることは避けられません。しかし、全て受けていては大変なことになってしまいますね。でも心配はありません。新郎の席の下には容器が準備してありますので、飲めないお酒はそっとその容器へ入れましょう。お酌をしてくださる人の気持ちをありがたく受け取る意味で、お酌を断ってはいけません。

新婦は緊張のあまり食事に手を付けにくいかもしれませんね。しかし、新婦が食事をすることで場の雰囲気も変わりますし、緊張を和らげる効果もあります。少しで構いませんので是非お祝いのお食事を楽しみましょう。

そしてスピーチです。
ご両親への感謝の気持ちを述べることは勿論ですが、列席してくださった方々へ、これからのお2人の決意表明をして感謝を述べることも大切なマナーになります。

このように、新郎新婦は細かい部分の立ち居振る舞いも合わせて様々なマナーが求められます。

結婚準備のために役立つ事柄

ご結婚が決まったら、新郎新婦にはやるべき事柄が沢山出てきます。
しかし、一生に一度の結婚式・披露宴。誰もが心に残る良い式にしたいし、成功させたいと思いますよね。とは言え、初めてのことばかりで何から始めたらいいのか、どんなことをしていけばいいのか。一度は招待されたことがあったとしても、いざ自分のこととなるとイメージがわきにくいかもしれません。そんな時にとても便利なものがあります。それは、ブライダルフェアです。

最近では、色々なホテルや式場などでブライダルフェアが開かれています。ここでは、会場の下見だけではなく、ドレスの試着や、食事の試食会なども行っています。
特に新郎新婦は当日は料理をしっかり味わう余裕もないかもしれません。試食会で実際に食べてみることで列席者の気持ちに立ったメニュー選びが出来ますね。

ブライダルフェアの一番のお勧めは、挙式や披露宴の疑似体験が出来ると言う所ではないでしょうか。体験することで、当日の進行のイメージがつきやすかったり、演出の工夫などのアイデアも浮かぶかもしれません。こうした下準備があれば、心の余裕も出来て当日はご本人達も緊張が少なく楽しめることが出来ます。

ドレスの試着では、デジカメを忘れずに。鏡で見る自分と、写真で撮って見る自分とではイメージも変わってきます。特に新婦はその後、ご自分のお母様と衣装について相談することも出来ますし、様々な衣装を着れる絶好のチャンスですよ。

そして、このようなブライダルフェアに参加するもう一つのメリットとしては、他の新郎新婦さんたちとの出会いです。そこで色々な情報交換が出来ますね。結婚式や披露宴などと言う貴重な体験をするにあたっての情報を交換できるこの場は大切だと思います。

これらの体験をすることによって、いよいよご自分たちが結婚するんだと言う責任感や実感も沸いて来やすいのではないでしょうか。
RSS |  サイトマップ | 

Copyright © 2015 結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】 All Rights Reserved.
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。