結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】トップページ > 結婚式までの日程

結婚式までの日程""

結婚式までは、どの様に進めていけばいいですか?

実際に結婚式・披露宴までの日程はどうなっているのでしょうか?
特別な場合を除いて、式の当日までは1年近くの余裕があることが多いようです。

1年もあれば色々なことが出来るし、忙しいことも無いように思えますが、実際には
やらなくてはいけない事や決める事など、案外忙しいものです。

では、当日まではどの様に進んでいくのかを順を追っていきましょう。

ご両家の両親への報告が済んだ後は式場の予約です。
1年も前から予約をする必要があるかと思われるかもしれませんが、例えば希望が6月の吉日で
人気の式場やホテルだとすると、1年以上前でも間に合わないかもしれません。
まずは日取りを決めてしまうことでその後の予定がスムーズに進みます。

仲人を立てる場合や、結納もきちんと行いたい場合は式場が決まり次第適任の方にお願いして、
両日のスケジュールを空けて置いていただきましょう。

それから婚約指輪・結婚指輪を購入したり、結納や両家の顔合わせなどの日取りを決めます。
ここまでであっという間に2〜3ヶ月はかかってしまうのではないでしょうか。

式まで半年前あたりから実際に式場では招待客のリストアップや料理・引き出物、衣装や披露宴についてなどの話し合いを始めて行きます。
話し合いは何度も修正を繰り返しますし、品物の下見も必要になってくるので余裕を持って
行動しましょう。新婚旅行に行く場合は旅行会社などに予約を取ることも忘れずに。

新たに新居を構える場合は、どこに住むのか・家具など生活用品の購入なども考えなくてはなりませんね。
式の後に安心して新居に帰り、新たな生活をスターとさせることが出来るように遅くても式の数日前には引越しや片づけが終わっているといいと思います。

結婚式一ヶ月前ともなると、招待状の発送や新婦のエステ、披露宴での細かい決め事などの最終チェックになります。
当日まで本当にめまぐるしく過ぎていくと思いますが、このように大体の日程について頭に入れておくだけでもスムーズに進めることが出来ると思います。
RSS |  サイトマップ

Copyright © 2013 結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】 All Rights Reserved.
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。