結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】トップページ > 披露宴の形式

披露宴の形式""

披露宴にはどの様な形式があるの?

結婚式や披露宴とひとくくりに言っても、その形式はさまざまです。
披露宴を例にとって見てみましょう。

披露宴の招待客と言えば、親・兄弟・親戚は勿論のこと、会社の関係者や学生時代や現在の友達関係が殆どですね。

そこに仲人さんの存在があるわけですが、現在は仲人を立てる事は殆どなくなりました。
昔は結婚は家族同士のつながりが色濃くあり、仲人を立てることにより様々な取り決め等が滞りなく進められていったのですが、今はそう言った形式にこだわらなくなりました。

仲人を立てる・立てない事のほかにも、時代が移り行くことによってその形式にも変化がでてきました。披露宴でのお金にまつわることもその一つと言えるでしょう。
以前は、「ご祝儀」が一般的でしたが、最近ではご祝儀に限らず、会費制を取り入れるパターンも増えて来ました。そのメリットとしては新郎新婦側からすると会計がしやすいために披露宴にかける予算も明確に分かると言うことです。そして、招待される側も他人と自分のご祝儀の金額に迷うことなく出席することが出来ますね。

おもてなしの内容によってご祝儀にするか・会費制にするかを決めることが出来ます。

そして、披露宴を行う場所も、ホテルや式場のほかにレストランを貸しきったり、テーマパークや、海外や、二人の思い出の場所など、昔からの形式にこだわらない新たな形式になってきました。それにより新郎新婦のニーズにこたえるよう、様々な企業もウエディング界に参入しているのでよりご自分たちの理想通りの式や披露宴を行えるようになりました。

昔は、結婚式や披露宴は両家の親のために行うと言うような言われ方をしていた時もありましたが、現在は、もちろん親のためでもありますが、何よりもご自分たちや、周りの方々のためのものと言う意味合いも強くなってきたように思います。

 

 

 

 

RSS |  サイトマップ

Copyright © 2013 結婚式の準備・役立つ知っておきたいこと【まとめ】 All Rights Reserved.
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。